見積書作成[PDF] 注文書[PDF] 

 試験管理図作成システム
 

Version 1

【 標準価格 】180,000円(税別)
[スタンドアロンUSBプロテクトキー付き]

 

 

【 評価版ダウンロード 】

 

 

鉄筋挿入工試験管理ソフトは、鉄筋挿入工の試験結果グラフの作成、適合性試験(引抜き試験)・受入れ試験(確認試験)の報告書作成が行えます。

入力作業の省力化を目的とし、現場でタブレット端末用ツール(Android専用)を活用して計測値を入力した後、 簡単にデータ取込ができるようになっています。

 

 

 

 対応指針

 

土工施工管理要項 東・中・西日本高速道路株式会社(平成28年8月)

切土補強土工法設計・施工要領 東・中・西日本高速道路株式会社(平成19年1月)

地山補強土工法 設計・施工マニュアル 公益社団法人 地盤工学会(平成23年8月25日)
 
 

 機能

 

ネジ節棒鋼、異形棒鋼、注入式ボルト、自穿孔ボルトの補強材情報が既に登録済

フローチャートメニューに従って順次入力するだけなので、操作に迷うことがありません

入力データはリアルタイムにグラフ化されるので、入力ミス低減

試験結果を入力するだけで、必要な試験管理グラフが即座に作成

データシートおよび試験グラフは、Microsoft Excel形式で出力
報告書は、Microsoft Word形式で出力されるため、編集が簡単
 
グラフの種類

■塑性・弾性変位曲線図−荷重  ■荷重−変位量曲線図
■時間−荷重曲線図   ■時間−変位量曲線図

その他機能 

■試験荷重の自動入力機能  ■変位計の盛り返し測定  ■試験データコピー
■ジャッキ登録編集  ■補強材登録編集  ■タブレット端末から入力可能
 

 
 

 概要

 
− 作業の流れ −  
 

統一された様式で、鉄筋挿入工試験の書類が出力可能 条件を入力するだけで、データシートから、
試験管理グラフ、報告書まで作成可能
 
 

 タブレット

 
「鉄筋挿入工試験データ入力ツール」は、現場でタブレット端末(Android)を用いて計測データを
入力することが出来るツールです。
入力したデータは、弊社ソフトウェア「鉄筋挿入工試験管理ソフト」に取り込むことができます。

 

 
 

 動作環境

 

パソコン

 Windows 7 / 8 / 10 が動作する機種

基本ソフトウェア

 Windows 7 / 8 / 10
 ※64ビット版Windowsでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作

CPU/メモリ

 基本ソフトウェアで推奨されている容量以上であること

ハードディスク

 約100MBのディスク領域を使用

ドライブ

 CD-ROMドライブ(アプリケーションのセットアップに必要)

プリンタ

 上記 OS に対応した機種

ディスプレイ

ビデオカード

 1280×800ピクセル以上の画面解像度

 True Colorが表示可能であること

マウス

  ホイールマウス必須

プロテクタ

 プログラムの実行時に必要
 製品パッケージには、下記のいずれかのプロテクタが入っています。
 ・スタンドアロン型 USBプロテクタ
 ・ネットワーク型 USBプロテクタ(別売)

その他

 PDF閲覧ソフト(取り扱い説明書の表示に必要)
 Microsoft Excel 2010〜2016(データシートおよびグラフを印刷する際に必要)  
 Microsoft Word 2010〜2016(報告書を印刷する際に必要)

タブレット端末
推奨動作環境

 Android OS バージョン 5 / 6
 ※すべての機器、すべてのマイナーバージョンでの動作を保証するものではありません。

 ※現在(2017年7月)の動作確認端末であり、今後予告なしに変更する場合があります。

 画面サイズ/解像度 10.1インチ/1200☓920


 

Windows 7 / 8 / 10は、
米国Microsoft Corporationの登録商標です。

その他、記載されている会社名、製品は、
各社の商標または登録商標です。

この内容は、2017年7月現在のものです。

製品の内容および価格については予告なく
変更する場合があります。

 

お問い合わせ

 

見積り依頼[PDF]

五大開発株式会社

TEL:076-240-9587 FAX:076-240-9585 MAIL:

ホームGODAIソフトウェア一覧お問い合わせ

▲ページの先頭へ