斜面安定計算システム

PowerSSA Ver.5 以降

盛土工浸透流解析 オプション

 

 オプション 税別価格 \300,000-

 

  ※ PowerSSA PRO拡張機能版

        PowerSSA 基本機能版 にて対応

 

 

 

 「道路土工 盛土工指針 H.22.5」 における「降雨の作用に対する盛土の安定性の照査」への対応。浸透流解析を行い降雨時の地下間隙水圧を評価したうえで斜面安定解析を行うオプション機能です。

 

 

 「道路土工 盛土工指針 H.22版」において、「降雨時の作用に対する盛土の安定性の照査」に関して次のように記述されています。

「降雨の作用に対する盛土の安定性の照査においては、降雨の作用、浸透水等の作用に対して盛土及び基礎地盤がすべりに対して安定であることを照査することを原則とする」

これに対応するPowerSSAオプション機能「浸透流解析オプション」を発売いたしました。

 

本オプション機能では、時間ごとの降雨強度、排水層の設定等を行い、浸透流解析によって各時間の地下水位を解析し安全率を計算することができます。

 

 

 

 

 降雨強度を考慮した非定常流解析

 
時間ごとの降雨強度を設定します。コピー&ペーストによる入力、CSVファイルからの入力も可能です。
地表面上の「浸透する領域」と、「浸出しない領域」をそれぞれ設定できます。
時間と降雨を考慮しない「定常流解析」も可能です。

 

 


 

 浸透特性の参考値が参照できます

 
浸透流解析に必要な、不飽和浸透特性、飽和浸透特性、貯留係数等の参考値が登録済みです。
   

 



 

 排水層の検討が可能

 
排水層を設けた場合の検討が可能です。排水層の形状は起点と終点、層厚を入力するだけの簡単操作です。
複数の排水層が設定でき、排水層を考慮する/しないを個別に切り替えできます。

 


 

 解析時間ごとの安全率を算出

 
繰り返し円弧すべり計算による最小安全率の計算、または任意形状の指定すべり安定計算が可能です。
降雨量-安全率グラフが表示されます

 


 

 解析結果の表示

 
浸透流解析の結果として、全水頭、圧力水頭、流量の等値線を表示できます。

流速ベクトルを表示でき、地下水の流速と方向を時間ごとに示すことができます。
 
 

 

 

 


※ 本オプションは PowerSSA Ver.5以降をお使いのお客様が対象です。


PowerSSA Ver.5より前のバージョンをお持ちのお客様は、別途 PowerSSA 最新版へのバージョンアップが必要となります。

バージョンアップ料金については、お問い合わせください。

PowerSSA PROの情報へ

 

お問い合わせ

五大開発株式会社
TEL:076-240-9587 FAX:076-240-9585 MAIL: