斜面安定計算システム

PowerSSA Ver.5 以降

盛土工変形解析 オプション

 

 オプション 税別価格 \250,000-

 

  ※ PowerSSA PRO拡張機能版

        PowerSSA 基本機能版 にて対応

 

 

 

FEM弾塑性解析による盛土の変形照査を行うオプション機能です。

 「道路土工 盛土工指針 H.22.5」 で常時の作用に対する盛土の要求性能に記載されている「盛土の自重・載荷重等の常時の作用による沈下、変形」に対応します。

 

 

 

 「道路土工 盛土工指針 H.22版」において、常時の作用に対する盛土の要求性能の照査方法に関し、安全率、沈下量、側方変位量等による照査について述べられています。

盛土の変形量を事前に照査する手法としては、弾塑性FEMによる変形解析がしばしば用いられます。

PowerSSAオプション機能「変形解析オプション」では、PowerSSAで入力した地形モデルをFEM解析し、施工前後の変形量を照査することが可能となっています。

 

 

 

 

 

 盛土施工前、施工後の変形量を解析

 
2次元弾塑性FEM解析による地形断面の変形解析が行えます。
施工ステップ機能があります。
施工ステップとは例えば、施工前初期解析→ジオテキスタイル敷設→盛土施工→放置→再盛土といった施工段階を考慮した解析が可能です。
各施工段階の日数・時間を設定し、その時点での変形量を解析できます。

 

 


 

 盛土に付随するジオテキスタイル等を考慮できます

 
盛土底面の沈下防止のために敷設するジオテキスタイルを考慮できます。
地盤改良を考慮できます。
土留め壁の敷設を考慮できます。
   



 

 可視化とレポーティング

 
変位量などの値が見たい箇所を任意に複数個設定できます。
変位ベクトル表示、変形前後メッシュ重ね合わせ表示、グラデーション表示などの可視化ができます。

 

 

 


※ 本オプションは PowerSSA PRO Ver.4.5以降をお使いのお客様が対象です。


PowerSSA PRO Ver.4 からVer.4.5へのバージョンアップは無料です。

PowerSSA基本機能版、およびPowerSSA PRO Ver.4より前のバージョンをお持ちのお客様は、
別途 PowerSSA PRO 最新版へのバージョンアップが必要となります。

バージョンアップ料金については、お問い合わせください。

PowerSSA PROの情報へ

 
 

お問い合わせ

五大開発株式会社
TEL:076-240-9587 FAX:076-240-9585 MAIL:

ホームGODAIソフトウェア一覧お問い合わせ

▲ページの先頭へ