注文書[PDF]
【レンタル利用料金】
\5,000円(税別) / 1ヶ月
    
       ※レンタルのみとなります

GODAI Map Readerは、「国土地理院 基盤地図情報」や「国土交通省 国土数値情報」の地図データを簡単に取得できるシステムです。
「解析に必要な地図データの取得方法が分からない」とお悩みの方でも、フローチャートで操作を表現していますので迷うことはありません。
また、取得したいデータの領域も地図上にマウスを使って囲むだけで指定ができます。(対応するメッシュの認識を自動で行います。)

  ● いろいろな地図データを1度にまとめてダウンロードできます。
    操作性のよい地図インタフェースで直接欲しいデータの領域を選択できます。
    ダウンロードした地図データは項目ごとに自動でフォルダに分別します。

別々のHPで選択する煩わしさを解消!
視覚的に地図データを取得!!
 

GODAI Map Reader が扱う地図データ

国土地理院 基盤地図情報 基本項目 測量の基準点、標高点(数値標高モデルを除く)
海岸線、水涯線
行政区画の境界線及び代表点、建築物の外周線
道路縁、市町村の町若しくは字の境界線及び代表点
軌道の中心線
数値標高モデル 5mメッシュ(航空レーザ測量、写真測量)
10mメッシュ
国土交通省 国土数値情報 土地利用 土地利用細分メッシュ
  ※「国土地理院 基盤地図情報」から地図データを取得する場合、国土地理院WebサイトのログインIDとパスワードが必要となります。
ファイル名のフォーマット
 
 

簡単操作で欲しい地図データをダウンロード

3つの手順を行うだけで、地図データを簡単にダウンロードできます
 
 
 

様々な地図表示が可能

画面上に表示する地図は、下記の5パターンに切り替えが可能です。
 
標準地図   淡色地図
 
     
白地図   写真
 
     
色別標高部    
   
  ※地図には「国土地理院 地理院地図」を使用しております。
 
 

項目ごとにフォルダ分け

保存先フォルダを指定するだけでOK。ファイルの解凍および項目ごとのフォルダ分けは自動で行います。
 
 
  
 

申請用入力補助ファイルの作成支援

「国土地理院 基盤地図情報」の利用に関する申請(ワンストップサービス)用入力補助ファイルの作成を支援する機能があります。
 
 
 

五大開発のソフトウェアと連携

地図データを使用する各ソフトウェアとの連携することにより、データ作成など業務の効率化に貢献します。
氾濫解析液状化対策に対応しています。

GODAI Map Reader と 氾濫解析-AFREL- の連携方法




GODAI Map Reader と 液状化対策 の連携方法


 


パソコン Windows 7 / 8 が動作する機種
基本ソフトウェア Windows 7 / 8
※64ビット版Windowsでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します
ディスプレイ
1024×768ピクセル以上の画面領域(解像度)
CPU/メモリ 基本ソフトウェアで推奨されている容量以上であること
Intel Core i5 以上を推奨。推奨 4GB 以上
ハードディスク ソフトウェアインストールに必要な容量 100MB 以上
.Net Framework4.5.2のインストールに、32bitOSの場合850MB以上、64bitOSの場合2GB以上の空き容量が必要
※ダウンロードする地図データによって必要容量は変わります
ドライブ DVD-ROMドライブ(アプリケーションのセットアップに必要)
ブラウザ Internet Explorer11以降  ※要インターネット接続
その他 ホイールマウス必須
PDF閲覧ソフト(ヘルプの表示に必要)
Windows 7 / 8 は、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品は、各社の商標または登録商標です。
この内容は、2015年6月現在のものです。
製品の内容および価格については予告なく変更する場合があります。
 
 プロテクタ : USBスタンドアロンタイプのみ

お問い合わせ

五大開発株式会社
TEL:076-240-9587 FAX:076-240-9585 MAIL:

ホームGODAIソフトウェア一覧お問い合わせ

▲ページの先頭へ